Writing

ホーム  »  Writing

【注】 1 文部科学省「日本の特別支援教育の状況について(令和元年9月25日)」(https://www.mext.go.jp/content/20200109-mxt_tokubetu01-00070_3_1_1.pdf、2020年  7月29日アクセス) 2 同上 3 「障害者総合支援法(平成30年6月8日公布)」(e-gov 法令検索https://elaws.e-gov.go.jp/search/elawsSearch/elaws_search/lsg0500/detail?lawId=417AC0000000123#61、2020年8月20日アクセス) 4 吉岡恒生「発達障害児のアセスメント」、『愛知教育大学教育臨床総合センター紀要』、2巻、2012年3月、79-86項 5 「障害者総合支援法(平成30年6月8日公布)」(e-gov 法令検索https://elaws.e-gov.go.jp/search/elawsSearch/elaws_search/lsg0500/detail?lawId=417AC0000000123#61、2020年8月20日アクセス) 6 同上 7 同上 8 文部科学省「特別支援教育について「今後の特別支援教育の在り方について(最終報告)(平成15年3月)」(https://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/tokubetu/004/008/001.htm、2020年7月25日アクセス) 9 前掲1 10 同上 11 同上 12 同上 13 高橋純一、松崎博文「障害児教育におけるインクルーシブ教育への変遷と課題」、『福島大学人間発達文化学類論集』、19巻、2014年6月、13~26 14 小坂みゆき、姉崎弘「小学校における『個別の教育支援計画』及び『個別の指導計画』の作成・策定と活用―有機的な支援の連携を目指してー」、『三重大学教育学部研究紀要, 自然科学・人文科学・社会科学・教育科学』、62巻、2011年、153-159貢 15 同上 16 同上 17 馬場広充「発達障害のある子どもの保護者と担任の課題意識の相違」、『香川大学教育実践総合研究』、15巻、2007年、101-108貢 18 前掲14 19 前掲8 20 前掲14 21 同上 22 同上 23 前掲1 24 前掲13 25 宮一志、田沖千秋、田中明美「学齢期発達障害・知的障害児の二次障害合併の検討」、『富山発達福祉学年報』、7巻、2016年、23-27項 26 石崎優子「子どもの心身症・不登校・集団不適応と背景にある発達障害特性」、『特集:心身医学の臨床における発達障害特性の理解』、57巻、1号、2017年、39~43 27 前掲1 28 前掲13 29 同上 30 同上 31 松村暢隆『2E教育の理解と実践』、金子書房、2018年 32 同上 33 同上 34 同上 35 松村暢隆「アメリカの2E教育の新たな枠組 : 隠された才能・障害ニーズの識別と支援」、 『關西大學文學論集 』、66巻、第3号、2016年12月10日、143-171項 36 同上 37 松村暢隆「発達多様性に応じるアメリカの2E教育: ギフテッド(才能児)の発達障害と超活動性」、『關西大學文學論集 』、68巻、第3号、2018年、1-30項 38 同上 39 前掲31 40 同上 41 同上 42 同上 43 同上 44 同上 参考文献 ・馬場広充「発達障害のある子どもの保護者と担任の課題意識の相違」、『香川大学教育実践総合研究』、15巻、2007年、101-108貢 ・石崎優子「子どもの心身症・不登校・集団不適応と背景にある発達障害特性」、『特集:心身医学の臨床における発達障害特性の理解』、57巻、第1号、2017年、39-43項 ・小坂みゆき、姉崎弘「小学校における『個別の教育支援計画』及び『個別の指導計画』の作成・策定と活用―有機的な支援の連携を目指してー」、『三重大学教育学部研究紀要, 自然科学・人文科学・社会科学・教育科学』、62巻、2011年、153-159項 ・黒澤祐介、金田利子、狗巻修司「保育者が感じる子どもの「気になる」姿と保育者の内部・外部条件との関連―年齢に着目して」、『研究年報』、14巻、2009年7月31日、45-53項 ・松村暢隆『2E教育の理解と実践』、金子書房、2018年 ・松村暢隆「発達多様性に応じるアメリカの2E教育: ギフテッド(才能児)の発達障害と超活動性」、『關西大學文學論集 』、68巻、第3号、2018年、1-30項 ・松村暢隆「アメリカの2E教育の新たな枠組 : 隠された才能・障害ニーズの識別と支援」、 『關西大學文學論集 』、66巻、第3号、2016年12月10日、143-171項 ・松村暢隆「才能のある学習困難児のための教育プログラム : 2E教育の基礎固めのために」、 『關西大學文學論集 』、57巻、第3号、2007年12月20日、97-113項 ・宮一志、田沖千秋、田中明美「学齢期発達障害・知的障害児の二次障害合併の検討」、『富山発達福祉学年報』、7巻、2016年、23-27項 ・文部科学省「日本の特別支援教育の状況について(令和元年9月25日)」https://www.mext.go.jp/content/20200109-mxt_tokubetu01-00070_3_1_1.pdf、2020年7月29日アクセス) ・文部科学省「特別支援教育について「今後の特別支援教育の在り方について(最終報告)(平成15年3月)」(https://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/tokubetu/004/008/001.htm、2020年7月25日アクセス) ・長澤正樹『LD・ADHD<一人でできる力>を育てる』、川島書店、2003年 ・「障害者総合支援法(平成30年6月8日公布)」(e-gov 法令検索https://elaws.e-gov.go.jp/search/elawsSearch/elaws_search/lsg0500/detail?lawId=417AC0000000123#61、2020年8月20日アクセス) ・首相官邸「全ての子どもたちの能力を伸ばし可能性を開花させる教育へ(平成28年5月20日第37回教育再生実行会議配布資料)」http://www.kantei.go.jp/jp/singi/kyouikusaisei/dai37/siryou1.pdf、2020年7月29日アクセス) ・高橋純一、松崎博文「障害児教育におけるインクルーシブ教育への変遷と課題」、『福島大学人間発達文化学類論集』、19巻、2014年6月、13-26項 ・高橋葉子、庄司妃佐「発達障害が疑われる児への早期支援についてー養育者から見た子どもの特性理解を通してー」、『城西国際大学紀要』、20巻、第3号、2012年3月、43-52項 ・鶴田一郎「自閉症スペクトラムにおける三つの共通特徴と四つの対人関係パターンについて」、『広島国際大学心理科教職教室』、第9号、2017年、63-72項 ・宇野宏幸「注意欠陥多動性障害と行動抑制―認知神経心理学的モデル―」、40巻、5号、2003年、479-491項 ・若松昭彦「インクルーシブ教育システムの推進に関するー考察」、『学校教育実践学研究』、20巻、2014年3月21日、183-194項 ・吉岡恒生「発達障害児のアセスメント」、『愛知教育大学教育臨床総合センター紀要』、2巻、2012年3月、79-86項
ページの先頭へ